本当に欲しい靴は、靴専門店のセール初日が狙い目!

MENU

本当に欲しい靴は、靴専門店のセール初日が狙い目!

私は、体のわりには、足のサイズが小さいのが悩みです。

 

百貨店などの「靴・鞄・革製品セール!」などに行っても、私の靴のサイズであるのは、ヒールがほとんどなく、丸っこい形のオバサン靴。
「これは、おばあちゃん達が履いているようなデザインだ・・・」と思ってしまいます。色も、暗めの赤とかレンガ色とか、暗めの緑やグレー。
ちょっと大きめで、詰め物をしてもらえば、はけるかも・・・と思って無理して買った靴でも履いているうちに、結局はパカパカ足から半分外れるような上体になってしまうことも。ということで、

 

服はサイズ直しができる事もある。靴はそれができない。

 

という事を前提に、私は次のように決めています。

 

事務所ではくような靴・・・通販で安くて、サイズの合ったものを買う。
営業で履く靴・・・靴専門店で買う。
フォーマル・おしゃれ用・・・・靴専門店で買う。

 

事務所ではくような靴は、履きつぶせる靴で、靴底が樹脂で接着剤だけで作られているような製品、ヒールの交換ができなくてもかまわない製品「安物」を買います。

 

カジュアルな靴でも、サイズがあれば、靴安売りチェーン店で売っているような靴でも買います(でも、ここで自分のサイズを見つけられることは少ない・・・)。

 

セールの初日や新製品が並ぶ日に足を運びましょう。

 

正し、はきやすさや、長時間履いても疲れないことが求められる営業で履くような靴や、フォーマル、またはハレの日用のおしゃれ靴は、小売店ではない、靴をちゃんと自社製造している靴屋で購入します。

 

靴専門店も、2,3件自分のお気に入りを見つけられるとベストです。

 

各社必ず「定番」を持っているので、そこで自分の足とあった靴型を見つけられる可能性が高く、「定番」なので在庫がなくなる場合やデザインが変わる場合はありますが、慣れてくると「これはあの靴型と同じだ」と分かるようになりますし、分からなければ、自分の靴を持っていって、店員に聞けばいいのです。

 

同じ靴型で作られたニューデザインなら、必ず足にあうはずです。

 

そして、そのお店で後日靴底やヒールを直して貰えるサービスがあるかどうか必ずお店で確認します。

 

そのような靴は、それなりにお値段がしますが、長くはくことができます。長く履けるという事は、靴を探す手間もへるのです。

 

 次に、購入時は必ずセールの初日か、せめてセールが始まった週に行きます。そうすると自分のサイズがある可能性が高い上に、普段より安く買えるチャンスがあります。

 

この時に欲を出して「この後のクリアランスセールでもっと値段が下がるかも・・・」とか思ってはいけません。クリアランスセールは必ずやってきますが、その靴がそれまである可能性は極めて引くと思って間違いありません。

 

ここは、見つけた今が「買い」。「一期一会」と思って買ってしまうのです。

 

以上ここが、靴と洋服とのショッピングの違いだと、割り切って私は買い物をしています。

本当に欲しい靴は、靴専門店のセール初日が狙い目!関連ページ

靴もプチサイズ21.5cmの私の悩み
小さいサイズファッション